4年に1度。

 オリンピックは当の昔に終わってしまい、更新したと思っていましたが、インターネット障害で投稿できていませんでした。申し訳ございません。

 日本の選手にまずは、『お疲れさま』と言いたい。

 サッカーを始めとし、競泳や柔道でメダルをとり嬉し涙をする選手や、メダルを惜しくも取れず泣く選手の涙は、日本の国民を強くしてくれた。そして日本代表選手も次なる目標を掲げることもできる、そんな素晴らしいオリンピックという舞台の代表に立て、出れることは素晴らしい。
負けても笑って日本の国民を励ましてくれた。2011年3月11日以来、日本は誰かが助けを求めていれば、助けの手を差し伸べくれることや、誰かが挫けそうになっても、負けるなということ。世界の人たちが日本を支えてくれて復興が進んでいる。
代表の名に相応しく、負けても参加できたことで、思い出が残り参加することに意義があったということを、インタビューを通じて分かった。

 ちょっと気になった記事がある。

 『 米ABCニュースをはじめとする現地 メディアは最近、北朝鮮が金メダルを獲得した 選手に対し、金銭のほか冷蔵庫、自動車などで 褒賞していると報じた。 メダルを獲得できな かった選手は代表選手から除名されたり、強制 労役に動員されたりするという。 米国や韓国な ど北朝鮮と対立関係にある国との競技で敗れた 場合は処罰がさらに厳しくなる。 』(http://japanese.joins.com/article/001/157001.html より引用)

 スポーツマンシップともいえない処罰だ。仲間や家族が、いるから挫けそうになっても支え会い、嬉し涙をしたり、悲し涙を流せることができてこそ、楽しいスポーツだと思うのに、「メダル」が取れなければ処罰というのは、スポーツの試合がまるで、『戦争』という言葉に置き換えられる。なにもそこまでして、メダルに拘るのはおかしい話だと思う。

 特にオリンピックを見て総評すると、審判としての素質があるかだ。柔道やサッカーの審判判定にいささか疑問を持つ。サッカーではアメリカと日本の優勝争いの試合で、ハンドではないかというシーンがあった。後日、アメリカの新聞記事でも「ハンドとられなくてラッキーだった」という報道があった。(http://www.j-cast.com/2012/08/10142635.html 参照)
 審判はきちんと見る目をしっかり養う必要があることに気づいて欲しい。

 オリンピックは終了しているけれども、パラリンピックの選手たちもどうか、勝ち負けにこだわらず、自分の良い結果を出して欲しいと思う。

 日本の選手を始めとし、支え会った仲間、家族、その関係に携わったヒトたちに、お疲れさまと言いたい。そして感動をありがとう!

近況報告

 みなさま、ご無沙汰しております。
 仕事が非常に忙しく土日は休みではございますが、平日は帰宅時間が23時近くなんて日が続いております。そのため、Twitterへのポストや、ブログの更新が滞りまして関係者の皆様やユーザの皆様におかれましては、ご迷惑をおかけしております。

 出だしが暑苦しい文章になってしまいましたが、ブログなんでここからは・・・。

 会社の内部情報は書けませんが、上司の関係よくなく、ストレスたまり放題でございます。
 会社のWeb制作担当でも、営業がいろんなところに出向き導入したお客様のインタビューをしたものを文字起こしするとかなかなか、毎日が大変です(汗

 会社のことはどこかに置いておきまして、日常特に変わったことも無く・・・。

 名古屋に居た頃に比べ、なんか実家暮らしの方が、ストレスやらなんやらがたまり放題でございます。早いところ、緊急地震速報の会社からweb制作会社に転職したいです。
都会にいないとストレス溜まる!!

 あと、大学の同窓会行く予定でございますので、関係者の皆様よろしくです。

さようなら、119系

 本来なら、10日か11日に更新をしたかった。

 119系が3月末を持って姿を消すことが正式に決まり、3月10・11日に「ありがとう119記念号」が運転されました。
デビュー当時の青色の119系と、現在の白色の119系の2編成が並んで停車しており、ゆっくりと写真撮影をさせていただきました。

 テレビの報道陣や、新聞記者、鉄道ファンが飯田駅に集結していました。私はもとより長野県飯田市に住んでいるもので、飯田駅に200人ほど集まる光景が久々でした。学生の登下校だともっといくものですが、土日で200人集まるというのは、たぶんないと思われます。

 青い塗装は、119系が飯田線に投入される際に、オリジナル塗装として「天竜川の青」と「アルプスの雪」をイメージして考えられたと言われていますが、実際の天竜川の色とはちょっと・・・。理由は絶対こじつけ思われますが、119系には、一番似合っており、今でも人気がとても高いです。

 実は、とある鉄道マニアといいますでしょうか、若いお兄さんが、「115系と373系と、青色119系と東海色119系の4編成同時に撮れるのは、この時だけです」と言って、なんと、全員が飯田駅北側に集まり、広角レンズでパシャパシャと撮っていました。私も撮ってみたいのですが、前のカメラが邪魔!

 ともあれ、119系本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

2011.3.11から学ぶべきことは

 東日本大震災でたくさんの方が亡くなられ、津波に流され行方不明になる地震が2011年3月11日に起き、あれから1年、私たちの生活が一変しました。
 一年前私は何をしていたのか、ふと振り返りますと2011年3月5日~2011年3月11日の間、四国一周の鉄道旅行をしていました。そうです、私が大阪で遊んでいる時に、揺れたのです。
このとき、「なんか揺れてるな俺が疲れているからおかしいんだろうな」と感じでいましたが、携帯に地震のメールが入り思わず、メールに書かれている内容をでかい声で言ってしまい「震度6?」っと。通りすがりのビジネスマンが「そうだよな。揺れたよな。」ってなったことを今でも思い出します。
 昨年の3月11日は帰りがけに大阪に寄ってから名古屋に帰るという行程でした。(引っ越しして現在、実家長野県に住んでいます。)帰りがけの大阪駅付近では、号外が出るほどの巨大地震であったことを知り、電車が遅延して、動いている列車に乗車して帰宅したという記憶が蘇ります。

 1年前の太平洋沖を震源とする東日本大震災によって、日本の生活というものが、随分と変わりました。また、TPP問題を始めとし、ヨーロッパの金融危機や超円高によって日本の市場経済は崖っぷちに立たされています。大震災によって、こうなったということではありませんが、日本の政治活動が私から見れば、何も変わっていないとみています。
 被災地は苦しんでいるのに、政治家たちは何も変えていません。消費税増税をして復興財源を作る以前に、国会議員の議員カットを早急にするべきだと私は思うのです。

 東日本大震災は苦しくて、暗くて、心が痛んでいる被災者が多くいます。阪神淡路大震災も、多くの方が亡くなっています。メディアが取り上げたい気持ちは十二分に分かりますが、被災者側に立って考えて欲しいと思うのです。震災の特集を見たいというヒトがいるでしょうか。ましてや、被災者にとってみれば、とても苦しくて悲しい記憶にしかすぎないのです。そっと手を差し伸べて、そっと見守れば、いいのではないかなと思います。阪神淡路大震災や東日本大震災によって今後の備えを、どうするべきかの特集や対策をするべきではないでしょうか。

 震災により失われた多くの人々に深く哀悼の意を表します。

119系ありがとう!そして、さようなら。

 私は、長野県飯田市に住んでいる者で、高校の時は散々飯田線を使って高校まで行っていました。しかも119系で。

 119系は昭和から平成にかけての約30年間、その路線長と多彩な車窓の風景で知られています。JR飯田線を走り続けて来た119系車両は、鉄道ファンはもちろん、沿線住民にも日々の足として親しまれ、急勾配の多い路線を雨の日も風の日も乗客を乗せて走り続けてきました。この車両が、ついに2012年3月をもって引退することが決定しました。

 119系は全車両が飯田線で運用され、飯田線の輸送を担っているローカル線区用電車です。
 車体はローカル輸送用に設計されており、片側のみに運転台があるタイプと、両側が運転台となっていて1両で運転できるタイプとがあります。
 そして、この車両で出会った高校の友達の思い出が詰まっています。そんな車両に「ありがとうございました」と言いたいです。本当に長い間、お疲れ様でした。そして、ありがとう。

 今度くる新しい213系もきっと長い間走行し、また沿線住民に親しまれることでしょう。そんな213系と思われる車両に遭い思わず、α55のSAL18250で撮影しました。本当なら70-300mmのレンズだったらよかったのだろう。

追伸
JR東海は、119系の引退につきイベントを考えているようです。リンクはPDFが開きますのでご注意ください。
1)119系の引退について  ~記念乗車券の発売及び「ありがとう119記念号」の運転~ 
2)119系の引退について  ~「ありがとう119ウィークス」の追加企画~

端末、増殖中(`・ω・´)

 ここ数ヶ月、ブログを見ると、高価なものばかりを買っている。

 デジタル一眼レフカメラを始めとして、スマートフォンなどなど。また、増えたのかと思われる方もいるでしょう。現在持っているキャリアは、au、docomo、SoftBnak、e-mobileとあります。内訳をいうと、auは2台で普通の携帯(SH001)と、先日契約したEVO3D(ISW12HT)、docomoは1台で先月契約したGALAXY S Ⅱ LTE(SC-03D)、SoftBankは1台でiPhone4Sと一人でスマートフォンを3台持っていることになります。

 メインは、SH001になっています。しかしながら、こう端末が増えたことによって、維持もちょっとかかりすぎでは?と思われるかたいると思いますが、デザリングやWiFiという面で、e-mobileのポケットWi-Fiを経由しているので、さほどかかっていません。むしろ端末代と電話代を払うくらい。なので、e-mobileがあるのです。後は、いろいろと出張などで移動することから、デザリングのできるものを選んでは契約しております。

 なんでこんなことするのと思われる方いると思います。私は仕事柄Webクリエイターという仕事を頂いて、最近スマートフォン向きのサイト制作が増えているのです。iPhone目線での制作でもいいのですが、やはりOSの違いもあったり、見た目や使いやすさを追究してサイトを制作していたりするので、こう端末が増殖していくわけです。

 写真中央のスマートフォンが増えました。

コンデジ購入へ。

 2月に入り、昼間と朝夕の寒暖の差が激しくなり、寒い日が続いております。空気が乾燥しており、インフルエンザが蔓延していますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 さて、先日タイトルにもありますように、コンパクトデジタルカメラ(以後「コンデジ」と略す)を購入致しました。
「なぜ、デジイチを持っている人が、こんなしょぼいモノを買うのだろうか」と思われる人がいると思われます。

 実は、以前使っていました、IXY DIGITAL 55が逝きまして、先週あたりから5年前に買いましたLUMIX DMC- TZ3も歳を取っているため、そろそろ買い時かなぁと思い、先日発売を開始したF770EXRの購入をしました。

 F770EXRを買うのに、かなり悪戦苦闘しました。実は、他のメーカーが続々と新作を出しており、COOLPIX S8200や、これから販売開始するLUMIX DMC-TZ30、PowerShot G1 Xなどなどかなり悩みました。
 結局、スペックと金額を見て、F770EXRならTZ30の機能よりちょっと上かなと思ってみました。だけど、LUMIXの方が恐らく軽さやサイズ的なことを言ったら下かもしれません。前述で書きましたけど、今までコンデジを使ってきた中で順位を付ければ、F770EXRは最下位かなというのがあります。使ってみてズームしたとき、ノイズがかなり気になるのです。デジタルズームは光学ズームに比べ荒くなるのは当然なのですが、光学ズームでもノイズが気になってしまうのです。プリントしてみないと分かりませんが、液晶でノイズが気になるなんて。ちょっと外れくじを引いてしまったかな(汗)

  

 2011年8月にSONYのα55のデジイチを買いました。そのとき、Wレンズキットで買ったのですが、望遠レンズを買い替えました。SAL75300からSAL70300Gというレンズに買い替えました。
NikonやCanonのレンズには負けますけど、ここ数年SONYも頑張っておりまして、価格.comというサイトにて、高評価を頂いております。中には手厳しいユーザーさんもおられますが、前にもちょっとブログで投稿したように、「良いレンズを買う」これに腕がよければさぞ嬉しいのですが(笑)望遠レンズはどうしても先ほどでも言いましたように、画像が粗くなったりノイズが出てしまったりするのが、特徴なのです。
 しかし、デジイチということだけあって、ノイズも無ければ画像も粗くなることは多少避けられるのですね。なぜかと不思議なデジタル一眼さすが、高性能だけあります。たまたま、SONYに目を付けたのは、私ですけど、連写機能にはいつも驚かされています。
 NEX-7にSAL70300を付けてみましたが、重いし長いからちょっとこれは持ち歩くには難ですね(笑う)

  

ミラーレス一眼購入

1月27日に発売開始しました、SONYのミラーレス一眼NEX7を購入しました。

 よくこのブログを見ている方は、恐らく「この管理者お金あるんだなぁ。」と思いながら読まれていることでしょう。そうです、金の使いかたはとても荒いです。ですけど、買い方ってものがあるのです。以前からこのブログを読まれている方はご存じかと思われますが、一台いいレンズを買っているのです。
今まで、SONY純正のレンズを数えると今日までに約5本あります。Canon入れたらすごい数になります。先日Canon EOS 60Dを買った時のレビュー書きましたけど、「何を重視して被写体を撮るのか」という使い方で買っています。

 今までに買ったα55は持ち歩きにかなり使っているし、α77はイベントや人から頼まれたときの撮影と決めています。EOS 60Dに関しては、今のところ、ポートレートで使うことが大半になっています。というバランスの取れた使い方を実際しています。よく、レンズを交換して撮影されている、プロの写真家さんたちがいますけど、「レンズ交換している時間があれば、その間に一枚撮れるのです。」交互交互に使って撮影するということも視野に入れるのです。違うカメラでまた違うレンズで撮影すれば、写真の色も違いまし、ぼやけた感じなどもメーカーによってバラつきが出てくるのです。

 本題から外れましたが、レンズはSONYのものなら使えるように、LA-EA2を買いまして、本体だけのNEX7を購入しました。よくキタムラさんで買っているので、常連客になりましたし、そのおかげもあり社員と仲良くなりました。そういう点でいくらか値引きをしてくれています。買った理由は特になく、以前買ったNEX5NDはCanon EOS60Dを買うさいに売ってしまいました。なので、その代わりに買ったといっても良いでしょう。実際のところ、Eマウントのカメラで、αレンズが使えると知り、それで買いました。いろいろとまだ買いたいレンズやカメラがありすぎて、金がいくらあっても足りません(汗)

ソニーストア

キャリアプラス

 先週、26日に新たに携帯のキャリアを増やしました。

 というより、会社の関係で携帯を増やせざるえない状態なのです。今年4月から社会で働くようになります。NTTと関係のある某緊急地震速報機の会社で、システムを作ったり、売ったりする会社のため出張が発生するそうです。今は、auとSoftBankの2キャリアを契約しているのですが、どうも圏外になる場所へも行かざる得ないこともあると想定し、NTTdocomoのスマートフォンのキャリア契約をしました。

 いろいろと考えて、当初はF05Dを考えていましたが、価格.comのユーザレビューをみて、検討を重ねました。機能重視を考えればF05Dは素晴らしいと思っていました。ただ、問題としてスマートフォンならでは言えることは、電池の消耗でこればかりはiPhoneを使っていて分かっていました。ドコモショップの店員さんに聞いても、電池消耗はどのスマートフォンでも起きるとのことなので、eneloopを使うしかないかなと。

 後、出張中における通信オンラインとしてインターネット通信もあると判断し、「デザリングできる機能があって、どこでもつながるスマートフォン」を考えていました。どこでもつながるドコモが25日に通信障害で250万人に影響が出て、国から怒られた日にドコモのスマートフォンを契約するなんて、どういう神経の人なの!?と思われ方いるかもしれませんが、こればかりはしかたない(笑)

 結局F05Dは入荷未定で、いつ入荷するか分からないと言われ、商品自体も品薄の傾向があると言われたために、SC03Dにしました。F05Dはデザリングできないトラブルも多々あるみたいでしかも通信中に電波が良くても切れるという声もあってどちらかというとSC03Dで良かったのかなと思っています。

 個人的な意見で、契約自由を奪うことは致しませんが、スマートフォン選びというものは、どのキャリアにおいても難しいということをつくづく思いました。


(左:iPhone4S 右:SC03D(今回増やしたスマフォ))

Canon EOS 60Dを購入

買った理由

以前にもなにかしらの商品を買った時、ブログでご紹介していました。昨年8月にα55を買った時のレビューを少し書いたのですが、「動く被写体を撮ることがメインになっている」と書きました。ちょっと書いたのですが、電車が好きで連写撮影が効くカメラを買おうとしてSONYを選びました。α55の連写撮影では10枚/秒取れるというかなりの優れものです。その2ヶ月後くらいSONYがα77を発売しました。この時なぜα77を買ったのかの理由を書いていませんでした。α77を買った理由も連写撮影の部分においてα55よりさらに上を行く12枚/秒取れるという優れもので、衝動買いのようにすぐに手を出してしまいました。

 しかし、つい買ってしまって機能(仕様)をたいして見ずに買ってしまう悪いクセが出始めました。地元の某写真屋さんのおじさんと仲良しで、よくイベントの撮影のお供をしていますが、言われたことがありまして、「君は、なんの被写体が撮りたくてSONYに手を出したの?レンズの種類の豊富さとか、買った後のこととか考えた?」と言われ、よくよく考えてみると何もそんなところまで考えずに買っていました。交換レンズも同じように、パンフレットの文句がいいから、つい買ってしまって、現在4本くらい買ってしまっているのが現状の所なのです。

 よく考えた末、姪っ子いるし、人物撮影に強くて、ちょっと連写の効くカメラで、アフターサポートがよくて、レンズの豊富さを考えて、先日買ったNEX-5NDを下取りに出して、差額でCanon EOS 60Dの購入に踏み切りました。だけど、やっぱ電車を撮りたいことがメインなので、α55・α77は手元に残しておきたくて、あります。

 メインとして使っているカメラはα55なのですが、EOS 60D は先ほども書いたように人物撮影重視で使っていくことが大半になっていきますので、恐らく姪っ子の撮影なんかに使うことになります。恐らくこの後のCanonの動きしだいによってですが、EOS 5D MarkⅡの後継機となるであろうEOS 5D MarkⅢが今秋に出るのではと予想されているので、ボーナスあたりで買おうかなと思っているところです。

 しかしながら、悪いクセというものは直らなくて、ミラーレス一眼がどうしても欲しくて、今月の下旬に発売されるNEX7の予約をしました。本体だけですが、LA-EA2(αマウントレンズ)が付けられるので、これで対応していく考えです。

Continue reading Canon EOS 60Dを購入