iPhone X(テン)に機種変更

iPhone X(テン)の発売から丸2周間。私も17日にようやく実機をゲットしました。

ちょうど2年前にiPhone6Sにして、ちょうど2年です。(ちなみに仕事用として使用しています。後輩の仕事を請負っておりというか事業譲渡して後輩が経営者をしていまして、協力支援して携わっています。)

iPhone Xへの変更したいかたへの参考になれば良いと思い記事に致します。

私が「X」にした理由

実はこの秋にApple社は、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」と発表しました。
①Apple社の発表時点で「iPhone X」のFACE IDに興味と持った
②カメラの画質に惚れた
③旧機種のiPhone6Sと大きさが殆ど変わらない、より高性能な機種
④ズボンのポケットと、Yシャツのポケットに入るサイズ
⑤置くだけで充電できる(Qi)

iPhoneサイズ 比較

6S 8 8Plus X
高さ 136.3mm 138.4mm 158.4mm 143.6mm
67.1mm 67.3mm 78.1mm 70.9mm
厚さ 7.1mm 7.3mm 7.5mm 7.7mm
重さ 143g 148g 202g 174g
ディスプレイ 4.7インチ 4.7インチ 5.5インチ 5.8インチ
カメラ性能 1200万画素
f/2.2の開口
5倍ズーム
5枚構成レンズ
1200万画素
広角f/1.8の開口
光学5倍ズーム
6枚構成レンズ
1200万画素
広角f/1.8の開口
望遠 f/2.8の開口
光学10倍ズーム
6枚構成レンズ
1200万画素
広角f/1.8の開口
望遠 f/2.4の開口
光学10倍ズーム
6枚構成レンズ

サイズでは6SとXは1まわりとまではいかないくらいのサイズで、重さは6Sと8Plusの中間で、手頃なサイズなのですね。ちなみにiPhone8/8PlusのカメラセンサーにはSONY社が採用されています。カメラの画質については、別途記事にしますので、少々お待ちください。

触ってみて感じたこと

①ずっしり重いのと、少し大きい?

店頭で初めて触った瞬間から「ん?iphone6Sよりか重いぞ!」と感じました。とっさにポケットにあったiPhone6Sを取り出し重さを比較してしまいました。
iPhone Xは「ホーム」ボタンがないため、その分少し画面を大きくなり、大きくなった分の補強としてフォルムを大きくしたのがあります。

②Face IDが便利すぎる

メガネをかけていても、横を向いていても、暗闇の中、風呂場、いろいろと試しました。ディスプレイを顔に向けるだけでスッとロックが解除されるのはホントに素晴らしいですが、あくび顔や変顔はさすがに認識してくれなかったです。

いろいろ試してみたのをまとめてみると↓こうなります。

【これはOK】
・メガネをかけているとき(登録をメガネ無しでやっていても大丈夫)
・横向きの顔
・暗闇の中
【これはダメ】
・あくび顔
・くしゃくしゃの顔
・画面を横に向けた状態
・ジップロックで覆った状態(風呂に入る時に入れているので)

iPhone6Sでは、指紋認証でしたので、ついつい押す癖があるのか、真ん中に指が動きます。

③イヤホンジャックがない!

実は、iPhone 7からイヤホンジャックがなくなり、iPhone6Sで使用していた3.5mmスレテオイヤホンは使えません。私は、Amazonで下記の商品を買って充電しながら、3.5mmのイヤホンを使用しています。専用のイヤホンがついていますが、Lightning端子が1つしか本体にはついていません。Lightningイヤホンをさした状態で充電はできません。ワイヤレス充電Qiを買えばできますが、今はそこまで費用が出せないので、それで対応しています。追ってアクセサリーは買っていきますが、一度には買いません。

④クリアな音質

友達から電話がかかってきて、iPhone Xで電話に出たところ、とても音質がクリアではっきりと聞こえます。一瞬歌手と話しているのかというくらいクリアで、驚きです。
また、iTunesの音楽再生しましたが、これも驚きでクリアな音質で、 SONYのハイレゾを聞いているかのような感じです。

⑤アクセサリーはこれだけは買っておこう

iPhone6以降から乗り換えるユーザのために書いておきますが、買っておくと便利なものを少し紹介します。

開封の儀式

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください